現役メディカルスタッフが語る!!健康な身体と心を手に入れる極意

循環器専門病院に勤務するメディカルスタッフ(健康オタク)が、最強の身体と心を手に入れるための方法を伝授します!巷のうわさ話ではない、科学的根拠(Evidence)に基づいた健康法を医療専門家の視点から徹底的に語ります。

便秘は万病のもとの理由 ~便秘は心疾患発症リスクを上昇させる!?~

 便秘は若年層から高齢者の方まで、多くの方が一度は経験した症状かもしれません。

この便秘に関してですが、日本消化器病学会関連研究会において『慢性便秘症診療ガイドライン』が発刊されており、『便秘症』に関しては医療界でも注目が集まっている話題のひとつなのです。

 実はこの便秘症、アテローム動脈硬化症の発症と関連している(腸内微生物叢の変化による可能性)という事が、科学的根拠を基にしたデータから明らかになりました。

 

é¢é£ç»å

 

 便秘が全死亡・心血管疾患の発症リスクと関連!!

今回、米国退役軍人コホートにおける研究から、便秘である事と、便秘薬の使用が、それぞれ独立して、全死因死亡、冠動脈疾患発症、虚血性脳卒中発症のリスクと関連していたことを、米国テネシー大学/虎の門病院の住田 圭一氏らが報告より分かりました。

*1

 

研究背景・研究内容

2004年10月1日~2006年9月30日(ベースライン期間)に、推算糸球体濾過量(eGFR)が60mL/分/1.73m2以上(つまり、腎臓が悪くない人)であった米国退役軍人335万9,653例において、2013年まで追跡し、便秘の有無(診断コードと便秘薬の使用により定義)・便秘薬の使用(なし、1種類、2種類以上)と、全死因死亡率・冠動脈疾患(CHD)発症・虚血性脳卒中発症との関連を検討した。

研究結果

335万9,653例のうち、23万7,855例(7.1%)が便秘と同定。
人口統計、一般的な併存症、薬物治療、社会経済的地位に関する多変量調整後、便秘の患者は、便秘ではない患者と比べて全死因死亡率が12%高く(ハザード比[HR]:1.12、95%CI:1.11~1.13)、冠動脈疾患発症率が11%(HR:1.11、95%CI:1.08~1.14)、虚血性脳卒中発症率が19%高かった(HR:1.19、95%CI:1.15~1.22)。
便秘薬使用なしの患者に比べ、1種類および2種類以上の便秘薬使用患者のHR(95%CI)はそれぞれ、全死因死亡率で1.15(1.13~1.16)および1.14(1.12~1.15)、冠動脈疾患発症率で1.11(1.07~1.15)および1.10(1.05~1.15)、虚血性脳卒中発症率で1.19(1.14~1.23)および1.21(1.16~1.26)であった。

*2

 

また、大阪大学の久保田 康彦氏らの研究チームは、2015年に日本人を対象とした大規模コホート研究であるJACC(Japan Collaborative Cohort)Studyを用いて検討した結果、便秘症と心血管リスクの関連性を示唆する報告をしています

*3

 

研究背景・内容


本研究では、1988~1990年に心血管疾患やがんお既往のない7万2,014人(40~79歳、男性2万9,668人、女性4万2,346人)について、排便頻度(毎日・2~3日に1回・4日以上に1回)と下剤使用(はい・いいえ)に関する情報を含むライフスタイルのアンケートを開始時に実施し、2009年まで追跡。

研究結果


116万5,569人年のフォローアップの間に死亡した参加者は、冠動脈疾患が977人(男性561人、女性416人)、脳卒中全体が2,024人(男性1,028人、女性996人)、虚血性脳卒中が1,127人(男性606人、女性521人)、出血性脳卒中が828人(男性388人、女性440人)であった。

 

CVDの危険因子(糖尿病、ストレス、うつ病、運動不足など)の保有率は、下剤使用者と排便頻度の低い人で高かった。
多変量解析による下剤使用者のハザード比(95%CI)は以下のとおり。
 冠動脈疾患:1.56(1.21~2.03)
 脳卒中全体:1.27(1.08~1.49)
 男性における虚血性脳卒中:1.37(1.07~1.76)
 女性における虚血性脳卒中:1.45(1.17~1.79)
・追跡期間初期の死亡を除外しても同様の結果が認められた。
・排便頻度とCVDによる死亡の間に有意な関連は認められなかった。

 

ã便ç§ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 便秘は立派な病気です!

便秘自身、排便回数の低下や、それに伴うQOL低下を自覚するものの、便秘が医師の治療や処方を必要な疾患であると認識している人はどれほどいるのだろうか? 

その証拠に、便秘症に関するセルフメディケア商品の市場規模が300億円超とも言われています。

まず、本人が便秘症であるという事を自覚し、「医師と患者の双方が、まずは便秘を『病気』として認識するとともに、適切な初療により慢性化させないことが重要であると思います。

 

 

便秘の定義(本邦ガイドライン) 

排便習慣(排便回数、残便感、膨満感など)には個人差が大きく、患者が「便秘」という言葉で意味する内容も様々です。

本邦にある便秘症に関するガイドラインでは、「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状況」を便秘と定義。

また、便秘症については、「便秘による症状が現れ、検査や治療を必要とする場合であり、その症状として排便回数減少によるもの(腹痛、腹部膨満感など)、硬便によるもの(排便困難、過度の怒責など)と便排出障害によるもの(軟便でも排便困難、過度の怒責、残便感とそのための頻回便など)がある」としている。

 

便秘症でないものは以下のものです。
 ・何らかの理由で経口摂取量が不十分なことによる、排便回数の減少

 ・過度な残便感による訴え、排便に対する脅迫観念が由来のもの

 

便秘を放っておくと、狭心症脳卒中動脈硬化になってしまうかも。

便秘であること自体が、心血管リスク(冠動脈疾患、脳卒中の発症)を上昇させるという事実、本当に意外な事実だと感じます。便秘と心血管疾患には、腸内フローラ(腸内細菌)が関係しているのではないか!?との意見もあるようですが、今のところ、科学的な根拠のある見解ではありません。

 

便秘で心血管疾患になるなんて・・・そ「便秘になんてなりたくない!!」

と、誰しも考えるはず。

 

具体的に同のようにしたら便秘を防ぐことが出来るのか!?

次回は、医学的観点から便秘症の対策について考えていきたいと思います。

 

 

原著論文はこちら

Sumida K, et al. Atherosclerosis.2018 Dec 23;281;114-120. [Epub ahead of print]

 

 

 

*1:Atherosclerosis誌オンライン版2018年12月23日号に掲載。

*2:Journal of epidemiology誌オンライン版2015年12月26日号に掲載

*3:JACC(Japan Collaborative Cohort)Study